兵 庫 県【阪神】     

      ≪西宮市、芦屋市≫              

住所  神社名 祭礼日 内容 備考
 ≪西宮市≫
 ◎西宮地区(西宮市、武庫郡今津町、芝村、大社村)
社家町1−17 西宮神社 9/21〜23 神幸祭
地車1台(堺型) 宮付き地車。若戎会。
手作り地車1台 震災後出ていない
布団太鼓(大小)
 ■21日(宵宮祭)
(18:00〜)奉納演芸会:西宮神社西広場
 ■22日(例祭)
(10:00〜)例祭
(15:00〜)稚児行列:戎参道(西宮中央商店街)
(17:30〜)子供樽みこし:戎参道(西宮中央商店街)
 平成27年(2015)は各町の子供会作成の樽みこしが約37基出た。また浜脇中の生徒が女子神輿、布団太鼓 なども出る。
 ■23日(渡御祭)
(10:40〜)陸渡御:西宮中央商店街〜本町筋
(12:30〜)御旅所祭:新西宮ヨットハーバー
(14:20〜)海上渡御:新西宮ヨットハーバー
 神輿を載せた御座船を中心に、10数隻の船団が西宮の海を巡幸し、かぜまつりを斎行する。また2隻の船は和田神社、三石神社へ参拝し、縁ある柳原蛭子神社へも参拝する。
(14:50〜)かぜまつり
 海上の安全を祈願し、八乙女が切麻でお祓いをする。また淡路人形芸舞組、人形芝居えびす座によるえびす舞も奉納され、御当地ゆるキャラなども登場して祭りを盛り上げる。
鳳輦=制作者、制作年 等は不詳。大正期制作という説もあるが?
子供神輿=ジャスコ西宮店が奉納と聞く。ジャスコ西宮店は昭和44年(1969)開店。阪神西宮駅北側にあり地震で全壊。店頭で被災者に生活必需品などを販売した後、約2週間後の平成7年(1995)1月29日閉店。現在、跡地はコインパーキングになっている。
太鼓台(大)=搬入済みなれど、入魂式はしていない。

(中)
=2005年制作。神社指定の宮大工(篠原工務店)の作。
 先代は昭和50年頃創建。阪神大震災で壊れる。


 =2012年制作。神社指定の宮大工と有志の作。
若戎会⇒地車小屋は神社境内。
=堺型。昭和61年(1986)12/27、泉大津市千原より購入。明治初期の作。彫師は彫又。千原は大正2年に購入。

昭和45年、手作り地車創建。2015年現在、今も保管。
西波止町4−4 住吉神社 7/31(毎年) 舟だんじり 住吉丸
住吉丸=昭和48年7月制作。地元の大工の作。平成3年を最後に一時中断するが、平成17年、創建200周年を記念し平成18年復活。以前は西波止町の子供達だけでだんじりを曳いていたが、復活を期に近隣7町(西波止町、前浜町、泉町、建石町、浜町、宮前町、久保町)の近隣の子供会にも参加してもらっている。
また本社 西宮神社太鼓会の布団太鼓は地元中学生と有志で曳く。
甑岩町5−4 越木岩神社 9/22、23 神輿
地車2台 壱番地車、弐番地車
天保2年(1831)奉納の絵馬に楽車が描かれている。
明治中期に地車を購入。大正初期に北大阪方面に売却。
その後、上新田(上越木岩)は昭和初期に曳き太鼓台を制作。大工は田中熊雄。続いて昭和22年に布団だんじりを制作。大工は田中熊雄。永らく保管されていたが、弐番地車新調時にはなかったと聞く。
 弐番地車保管のために処分されたか?
中新田(北越木岩)
は、昭和21年に子供神輿に幕を張り馬力に乗せて巡幸。23年に地車新調。大工は福田福一。61年12/20に芦屋市精道に譲渡するも平成4年に放火で焼失。
下新田(南越木岩)は、昭和23年に馬力に吉井吉松宅の子供だんじりを乗せて巡行。昭和24年に地車新調。大工は福田福一。その後氏子会地車となる。。

 昭和36年、青年団が合併して三地区合同で下新田の地車を巡行。37年に最後の曳行して3台とも奉納。その後54年まで中断。55年、19年ぶりに曳行復活。
壱番地車⇒地車小屋は合同で神社横にある。
=氏子会が担当。平成29年(2017)9月10日、新調入魂式。68年ぶりの新調。搬入は8月11日。岸和田の大下工務店作。

 先代は元・下新田(南越木岩)の地車。
昭和24年新調。大工は福田福一。
最後の曳行は平成28年(2016)10月22日(土)のにしのみや市民まつり。
新調につき、購入希望の町会もあったが、老朽化のためとお断りし処分される?。 
見送り幕は平成元年新調。「牛若丸 弁慶五条大橋の出会い」。
弐番地車=青年会が担当。平成16年(2004)9/15新調入魂式。搬入は8/28。梶内だんじり鰍フ作。
見送り幕は平成12年新調。「越木岩縁起物語」。
松原町2−26 松原天神社 7/24、25 子供神輿、だんじり囃子    
10/25 子供神輿、だんじり囃子
平成14年よりだんじり囃子奉納。
今津大東町1−28 福応神社 7/2土日
10/3日曜
神輿
舟地車、武者地車、布団太鼓 神社境内に倉庫がある。 
獅子舞
昭和56年に今津港湾(浅尾一雄氏)が舟だんじりを制作し奉納。その後、布団太鼓(昭和61年)、武者だんじり(昭和63年)も奉納され賑やかな祭礼となる。
『武庫郡誌』223Pには「今津村には10/12、13を祭日とし、神輿渡御を行った。地車6台、太鼓1台を出したが、弊害が多いので大正11年には既になくなる」とある。
明治末では、龍や唐獅子の飾り幕の美しい地車6台と神輿1台出て、祝儀をもらうと舞台になる板を引き出し、その家の前で俄をしたという。掛け声は“おーた、おーた”だった。

その後復活するが、戦災で5台の地車(東之町、西之町、北之町、中之町)が焼失。巽之町は半焼したものの、戦後保管場所が無くなり解体となる。
今津上野町7−15 上野神社 7/12、13(毎年) 子供神輿 平成24年(2012)創建
10/13(毎年) 例祭 御餅つき
地車廃絶 立派な地車だったが、戦後しばらくしてなくなる。
津門西口町14−12 津門神社 10/15、16 神輿廃絶 平成7年の震災で壊れる
町内地車
町内地車⇒地車小屋は境内。
昭和40年代に町内の宮大工の作。往古は太鼓
津門大箇町8−31 日吉神社 10月 樽神輿、神楽のみ 平成14年復活
森下町3 神明八幡神社 10月 子供神輿 平成より始まる 
 ◎瓦木地区(武庫郡瓦木村)
熊野町3−26 熊野神社 10/15頃の日曜 手作り舟だんじり、枕太鼓 休止中
上之町23 厳島神社 10/15 例祭 旧・上瓦林
日野町2−51 日野神社        7/7 湯立神楽、巫女舞
10/15 例祭 旧・瓦林 
昔より神事のみ。戦時中に馬力を牛に曳かせて地車代用としたが、阪急電車を止めて大目玉を受けたことから、一度だけで終わる。
上甲子園4−4 甲子園八幡神社 10/15 町内地車1台 旧・下瓦林
地元の大工作の町内地車。昭和34、5年頃に道路拡張時より休止。ガレージの裏に保管。
高木東町233 熊野神社 10/14、15 太鼓 東西合同で祭礼
高木西町48 八幡神社 10/14、15 太鼓廃絶
西=地車廃絶。実は1つ屋根の太鼓と思われる。昭和50年の社殿新築時に、日野神社の境内にシート被せて保管していたところ、心無い人に彫物盗られ解体してしまった。他の部材は今も境内に残っている。
 ◎甲東地区(武庫郡甲東村)
段上町1−121 若宮八幡神社 10/15頃の日曜 だんじり廃絶 震災で潰れた  
手作り子供神輿1基
上ヶ原山手町109 上ヶ原八幡神社 10/15 子供地車休止 昭和40年頃まで出していた 
上甲東園1−2 門戸天神社 10/14、15 太鼓廃絶 昭和33年まで担がれた。その後休止し震災で潰れた    
神呪字中谷25 神呪厳島神社 10/15 太鼓みこし廃絶 昭和33年頃まで担がれた。
若山町3−31 太市八幡神社 10/連休土日(元・15 小型神輿
太鼓台 下太市
地車廃絶 上太市、樋ノ口
大市=三段の太鼓台。挟間:「源平の合戦」三面、「神功皇后 応神天皇を平産す」。
旧8/15「太鼓入用帳」に明治25年9/27に西灘の浜田徳三郎氏よりに50円で購入とある。
昭和51年(1976)が最後となり休止。その後神社倉庫に保管されていたが、

平成26年(2014)太市八幡神輿・太鼓保存会を発足させ、下太市農会が保管していた太鼓台を修復し、大市太鼓台として。平成28年(2016)10月9日、修復入魂式を行った。
 なお、修理時に付け替えられた格天井の板に「保五年」、布団の裏地に「安正」の文字あり。享保5年なら1721年。安政なら1855〜1860年になるが。
上太市=地車(屋台)は昭和30年代初期まで曳かれ神社内で保管していたが、老朽化のため村の人がつぶした。
樋ノ=昭和20年代は出されていたが、すぐに廃絶。小型だったらしい。
 ◎鳴尾地区(武庫郡鳴尾村)
上鳴尾町14−21 鳴尾八幡神社 10/20 太鼓廃絶    
「大佐請取帳」に大正10年頃に記載のある「武庫郡なる尾村」とはここか?。太鼓は戦後は1、2回は出たがその後は自然消滅か?
小曽根4−7−22 白山姫神社 10/15頃の土日 太鼓1台
太鼓=神社境内に小屋あり。昭和20年代まで巡行。休止していたが、コマ付きにしたので、平成18年から担がずに曳いている。
小松南町2−2−8 岡太神社 10/10、11 地車1台 休止中。老朽化ひどい。
太鼓2台 休止中。 
樽神輿 廃絶。14,5台は出たのだが。
地車=2代目。昭和20年代の作。家大工の作。今は休止中だが、地車に置かれていたキリンビールの空き缶の賞味期限が1979年(昭和54年)この頃より休止になったと思われる。
 先代は戦時中に小屋の下が土なので、下から腐った。
太鼓=宮付けで2台ある。平成初期より休止。昭和末期よりトラック渡御がメーンで時折担ぐのみ。
樽神輿=最盛期は各子供会ごとに14、5台あったが太鼓終了と共に終わりをつげた。
甲子園町2−40 甲子園素盞鳴神社 10/19前の日曜 子供神輿、樽神輿 タイガース神社とも言う。
地車は戦災で焼失。戦後、町内地車を作るが昭和30年頃に曳かれなくなり、絵馬殿の部材として使われ平成15年の新・絵馬殿完成まで再利用された。
上田中町3−36 上田八幡神社 10/15頃の日曜 子供みこし
手作り太鼓台3台 中町、南町、北町
 ◎旧・有馬郡
山口町下山口3−14−31 公智神社 10/連休日曜(元・16) 神輿
地車6台 上山口A、下山口A、金仙寺、中野
布団太鼓1台 名来
獅子舞 名来(古文化保存会神楽部会)

上山口、下山口、中野、金仙寺の地車が、各地区を昼過ぎに出発し、金仙寺口に集合。その後連なって13:50頃に下山口の御旅所に集合。
一方、名来の舁きだんじりは単独で御旅所に向う。神社を出発した神輿も御旅所に到着して、担ぎ手はしばらくここで休憩。
神事を行った後、神輿を先頭に下山口(大)、下山口(小)、上山口(大)、上山口(小)、金仙寺、中野、名来の順に御旅所を出発し、宮前通りを神社に向かって進んで行く。
宮入りは15時頃の約30分である。、
宮入り後は、名来(古文化保存会神楽部会)による獅子舞が16時過ぎまで奉納される。

神輿=詳細は不祥。旧・神輿殿は室町時代の建物で、市指定文化財。
担ぎ手は34人で、各地区で割り当てられる。
上山口=大小2台あり。制作期、大工 等は不詳。最近では大は平成6年、小は平成5年修復。
平成11年、ダイハツ工業蒲p地を借用しコマ保存池を作る
安政4年(1857)6月の壇尻土蔵諸事控が最古の記録である。


下山口=大小2台あり。
 は明治28年(1985)9月1日に上棟し、大工棟梁は小濱村米谷(まいたに)の麻尾徳蔵。細工人は今井寅蔵など4人。彫師は小松源蔵。脇障子裏に銘がある。

弘化4年(1847)の壇尻寄進帳が最古の記録である。
 は幕式。制作期、大工 等は不詳。
平成27年(2015)9月5日、修復入魂式。大下工務店による修復。


金仙寺=制作期、大工 等は不詳。
飾り幕は昭和58年修復。「神武天皇の東征」。
神社より遠距離なのでエンジン付き。

中野=外ゴマ幕地車。制作期、大工 等は不詳。

平成28年(2016)9月10日(土)修理入魂式。大下工務店で彫物を残し、屋根・柱・台木など屋形一式を新調取替する大修理。
名来=三重布団屋根。赤黒赤。制作期、大工 等は不詳。
獅子舞名来(古文化保存会神楽部会)。演目は、剣の舞、猿獅子、天狗獅子、牡丹獅子。
山口町船坂594 船坂山王神社 11/23(元・20) 神輿2基
例祭は11/20⇒11/23⇒10/4日曜と代わった。
10:00に神社を出た神輿は午前に地域内を巡幸し休憩場所8ヶ所でお祓いを受け、下田まで練り歩く。午後になると神社境内で太鼓演奏奉納、餅まき、氏子の抽選会があり15:00頃に祭りは終了。
神輿=昭和56年に山王神社の宮を建て直した時に新調。京都の業者の作。
昭和30年頃までは魚屋やおもちゃ屋などの出店がたくさん出て、ご馳走を食べるだけだった。その後、樽みこし作るようになる。

 また平成22年、財団法人山口徳風会発行の『山口町史』424、425ページには「昭和20年頃、当時の船坂小学校校長が小さな樽みこしを作って地区を練り歩いたのが始まりである。
本神輿は自治会が昭和57年に京都の専門店で購入した」とある。
 昭和45年(1970)に発行された『郷土の昔からのおはなし』には「船坂の土地には昔からお宮さんに「だんじり」がありません。
それは今から100年近く前のことです。山口村は上山口、中野、名来、金仙寺、船坂と6つの村があった。下山口と金仙寺は1つの村で昔は五ケ村といっていました。どの村にもある「だんじり」が船坂にだけないので、山口の山田先生の父が上山口の「だんじり」を新しく作ったので、1つあまってきたから船坂にあげるので使ってくださいと言われた。船坂の村では「そんなんやったらもらおかいえ」といってよろこんでもらいに行った。11月20日の祭りに間に合うように牛に引かせて、もろうて帰った。初めて村に「だんじり」ができたというので、村中がよろこんで20日の祭りに「だんじり」を引いておった。そしたら、その祭りの晩に「だんじり」を引っぱりに行った牛の厩が火事になった。それで、昔から船坂のお宮さんは「だんじり」がきらいや、きらいやといっているのに、もらいに行ったからばちがあたったのやといって、さっそく山口に返しに行った。
それからというものは「だんじり」のことを言い出す者もいなくなったと」
とある。
生瀬町2−25−1 生瀬皇太神社 10/22、23(毎年) 神輿
地車1台 地車小屋は神社境内  
生瀬(生瀬だんじりHPへ)=平成16年(2004)9月26日、新調入魂式。大工は大下工務店。彫師は川原和夫、川原正士、木下彫刻工芸。
幅2、6m。高さ3、7m。
 ≪大屋根廻り≫
鬼板:「獅噛み」。
懸魚:「天の岩戸」。
車板:「龍」。
枡合:正面は「神武天皇東征」、右は「素盞鳴尊八岐大蛇退治」、左は「神功皇后」。
 ≪小屋根廻り≫
鬼板:「福久獅噛み」。
懸魚:「五条大橋の出会い」。
車板:「西山上人と生瀬野武士」。
枡合:正面は「那須与一」、右は「弁慶の最期」、左は「安宅の関、弁慶、義経徴打す」。
 ≪腰廻り、土台廻り≫
三枚板:正面は「敦盛呼び戻す熊谷次郎直実」、右は「一ノ谷鵯越え」、左は「梶原景季」。
脇障子:正面は「須磨寺」、右は「一ノ谷鵯越え」、左は「梶原景季」。
角障子:後ろは「敦盛呼び戻す熊谷次郎直実」、右は「一ノ谷鵯越え」、左は「梶原景季」。
虹梁:「七福神、司馬温公瓶割りの場」。
勾欄:「干支」。
縁葛:「忠臣蔵」。
土呂幕:【大坂夏の陣】正面は「真田幸村、家康本陣急襲」、右は「樫井の戦い」、左は「若江の戦い」、後ろは「本多忠朝の最期」。
土呂台:「鯉と波」。

 明治13年に川面西より借りている。初代があったかも?。
 先代は宝塚型3枚板。明治22年に天王寺方面より購入。制作は同15年頃。彫師は辻田友次郎。長さ2.6m。幅3.5m、高さ4.9m。
平成16年4月22日、昇魂式後に解体し、一度大下工務店に引き取られ、その後町内へ。今も彫物の多くが小屋 等に保管。
塩瀬町名塩1−2−3 名塩八幡神社 10/20頃の土日 神輿
地車8台 東之町、山之町、北之町、中之町、南之町、西之町、大西町、木之元
神楽廃絶 東久保
 例祭日は10/19、20から平成21年(2009)より10/20頃の土日へ変更。
宮入りは土曜日で大西町⇒西之町⇒南之町⇒中之町⇒北之町⇒山之町⇒東之町が基本で当番町が一番で二番目はこの次の順番で廻り、最後に木之元町が鎮守の木之元八幡神社に宮入りしてから、名塩八幡神社に宮入りする。木之元町は帰るが残りの7台は神社で一泊する。
 明治13年頃に今まで地車のなかったこの村が合同で地車購入。その後各地区ごとに地車購入。
最初に購入した地車は宮本の東之町の物となる。
東之町⇒地車小屋は平成6年9月15日建造。神社横。
=平成15年(2003)月28日、新調入魂式。2代目。大阪型。大工は大阪市平野区の大市・河合工務店(河合伸一)。彫師は岸和田の松本彫刻(松本幸規)。
長さ4.9m。屋根幅2.2m。高さ3.6m。
 ≪屋根廻り≫
車板:正面は「素盞鳴尊 八岐大蛇退治」、背面は「牛若丸鞍馬山の修業」。
大屋根枡合:正面は「天の岩戸」、右は「神武天皇東征」、左は「日本武尊 野火の難」。
小屋根枡合:正面は「常盤御前 吉野落ち」、右は「義経 須磨寺の高札」、左は「木曽義仲 おかねとの出会い」。 
中仕切板は「雄略天皇猪退治」。
 ≪腰廻り、土台廻り≫
三枚板:正面は「八幡太郎義家 安部貞任を討つ」、右は「敦盛呼び戻す熊谷次郎直実」、左は「巴御前の勇戦」。
脇障子:右は「神功皇后 応神天皇平産す」、左は「応神天皇を抱く武内宿禰」。
勾欄は「花鳥物」。台木は「波に鯉」。
 初代は江戸後期か明治初期作。村が合同で地車購入。その後各地区ごとに地車購入したので、最初の地車は宮本の東之町の物となる。
元々、大阪の地車と思われる。平成15年、芦屋市三条に売却。

山之町=宝塚型。平成12年頃、八尾の川井工務店(川井正勝)で修復。台輪、ちょうさい棒、彫物以外は新調らしい。彫師は相野一門 他。幕は梶内。

北之町=宝塚型。彫師は小松福太郎と思われる。ただし修復の時に銘は消えた。幕は三越。

中之町
⇒地車小屋は中之町会館横。平成29年(2017)4月23日、地車蔵竣工式を行う。
以前の小屋は昭和55年建造。真横から入れていた。
=宝塚型。明治期制作と思われる。大工 等詳細は不詳。
平成27年(2015)3月8日、修復入魂式。文化庁認定 地域活性化事業で大下工務店により施工。
屋根の葺地・台木交換、彫刻の洗い・繕いなど。
前回の修復は平成5年頃、地元の箱谷勘三により修復。

南之町
=宝塚型。平成4年頃、八尾の川井工務店(川井正勝)により修復。
幕は梶内。以前の幕は大丸か高島屋に注文した。今は東山小学校に寄贈。

西之町=宝塚型。平成3年頃、地元の箱谷勘三により修復。幕は梶内。 

大西町
=平成7年(1995)制作。宝塚型。大工は八尾の川井工務店(川井正勝)。幕は梶内。
 先代は車楽会に売却。平成16年に生野区・生野八坂神社に奉納。
木之元(このもと)⇒地車小屋は木之元会館隣接。鎮守は木之元八幡神社。
=昭和42年(1967)制作。宝塚型。大工は梶内。彫師は松田正幸。
 先代は昭和40年焼失。
東久保=往古より獅子舞があったが、明治25年に獅子の曲乗りの芸をしようとしてけが人が出たので休止。
その後大正天皇の御大典に合わせ獅子舞を復活しようと雌雄2体購入するが、自然消滅。うち1体が東久保会館に保存。
神輿も同時期に地元で制作するが、消滅したらしい。

 ≪芦屋市≫
東芦屋町20−3 芦屋神社公式HPへ 10/2土日 鳳輦
地車4台 山芦屋、西芦屋、精道、濱之町
鳳輦=昭和初期の作で、昭和40年代までは曳かれていたが、交通事情で休止となる。平成30年(2018)3月25日、正式復活。復活に備えて平成26年、27年は試験曳きが行われた。
山之町(山芦屋)=運営は山之町地車愛好会。
神戸型地車。明治4年(1871)制作。明治43年和田岬の倉庫に保管の中古の地車を400円で購入。
大工は不詳。彫師は銘が無いが、平間勝利師の作ではないかと言われている。
平成23年(2011)9月18日、修復入魂式。梶内だんじり店によりコマ、担い棒新調、金具の再メッキ、締め直し。

 初代は江戸後期より現・地車購入時に某所に売却。
西之町(西芦屋)⇒地車小屋は阪神高速道路の高架下。
=運営は西之町地車同好会。現在の西芦屋町・月若町・西山町あたり。
大阪型(外ゴマ・三枚板式)。大正6年吹田市新町新調。昭和59年購入。大工は大歳。彫師は平間勝利。
長さ5、5m。幅2、65m。高さ3、7m。

 先代は戦災で焼失。
精道(津知)⇒地車小屋は阪神高速道路の高架下。
=運営は精道地区地車愛好会。大阪型。外ゴマ・二枚幕式。平成5年尼崎市築地大官町より購入。大工、彫師 等は不詳。長さ5、6m。幅2、5m。高さ3、5m。
飾り幕は梶内近一の作で「宝珠を取る夫婦龍」。見送り幕も梶内近一の作で「素盞鳴命八岐大蛇退治」。ともに平成12年1/10に神戸市東灘区御影西之町より購入。

 大佐の「地車請取帳」に明治26〜28年の項に「菟原郡濱芦屋村 惣代 山村吉蔵」とあり地車購入と思われる。
空襲で焼失したのはこの地車かどうかは分からない。
 昭和62年、芦屋消防団精道分団の団員を中心の有志が、越木岩より地車を借りてきたのが復活の始まり。
 先代は昭和63年に西宮市北越木岩(中新田)より譲渡されるが、平成4年不審火により焼失。
濱之町=運営は濱之町地車愛好会。濱芦屋=現在の竹園町や伊勢町、浜芦屋町、松浜町あたり。
平成26年(2014)9月15日、購入入魂式。約60年ぶりの復活。入魂式に先立ち地元大工らが外ゴマ、張菜棒を付けるなどの改修。

制作年不詳。彫忠の作。東大阪市新家西町新調で同町より購入。
 先代は戦災で焼失。
戦後しばらくは東灘区から借りたこともあるが、諸種の事情で借りれなくなった。
その後津知と合同で“精道”として地車を曳いた。
春日町1−21 打出天神社 7/24、25 地車1台 飾り付けのみ
10/2土日 曳行する
打出(打出地車愛好会)⇒地車小屋は神社境内。
=神戸型。昭和9年(1934)10月16日、新調入魂式
大工は植山宗一郎。彫師は木下舜次郎。助は阿保文康。幕師は梶内近一。
平成8年に平間利夫により改修。長さ6.3m。幅2.65m。高さ4.05m。

飾り幕は「珠取り夫婦龍」。見送り幕は「酒呑み童子鬼退治」。
 ≪前屋根廻り≫ 
鬼板:「獅噛み」。箱棟:「雲海」。
拝懸魚:「朱雀」、隣懸魚:「きつつき」。
車板:正面は「降龍」、右は「天の岩戸」、左は「神武天皇東征」。
 ≪後屋根廻り≫
鬼板:「獅噛み」。
箱棟:「雲海」。
拝懸魚:「朱雀」。隣懸魚:「きつつき」。
車板:正面は「素盞鳴尊八岐大蛇退治」、右は「牛若丸 弁慶五条大橋の出会い」、左は「頼朝朽木隠れ」。
 ≪見送り廻り、腰廻り≫
脇障子:【神功皇后応神天皇平産す】右は「神功皇后」、左は「武内宿禰と応神天皇」。
縁葛:「秀吉茶坊主に化け難を逃れる」、「頼朝と五郎丸の裾野にて応戦」。
勾欄:「花鳥風月」。
土呂幕:「牡丹に唐獅子」。
土呂台:「波に鯉」。

 創建は江戸期後期。明治期は村は4地区に分かれ寺の町(阪神打出から東で浜街道以北)、東の町(阪神打出から東で浜街道以南)、西の町(阪神打出から西で一番通りまで)、西蔵町(一番通りから西で芦屋村境まで)で地車を曳いた。しかし、大正初めに、一人の若者が酒の勢いで巡査を池にほりこんだ。それに対して警察も厳しい態度を示したので、地車4台売却となった。
 
岩園町43−1 岩園天神社 10/17(毎年) 社務所で直会
三条町1−2 八幡神社 10/2土日 神輿
地車1台 大阪型
三条(三条地車愛好会)⇒地車小屋は阪神高速道路の高架下。
=大阪型(外ゴマ、火燈窓三枚板式)。平成15年(2003)7月6日、購入入魂式。4代目。西宮市名塩東之町より購入。大工は不詳。彫師は相野一門。長さ6m。幅2、7m。高さ3、8m。
平成30年(2018)5月19日、改修入魂式。
鬼板:「獅噛み」。車板:「鳳凰」。三枚板:「中国物」。勾欄:「十二支」。脇障子:「虎」。

 初代は江戸後期か明治初期に創始。他村の資料では明治12年が最古の資料なのでこの時にはあった。大正初期に解体され、彫物は分配。
 二代目は昭和3年に住吉の中島畳店より購入するが、昭和39年に35万円で万徳商事に売却。現・大阪市平野区長吉六反。
 平成2年に西宮若戎会の手作り地車を借りて34年ぶりに祭りをしたことが、購入につながり、三代目として、岸和田型地車を平成3年9月1日泉佐野市下瓦屋南町より搬入。9月29日、購入入魂式。
平成16年12
月19日
に愛知県常滑市小鈴谷の個人に売却。この人は伊勢湾台風で流失した地区に貸そうとする心意気で購入と聞く。
やがて平成23年に同市古場区囃子保存会に奉納し、車輪、車軸、曳き綱、輪掛を新調、梶棒を改良してだんじり型を知多型にして平成24年より曳き廻している。
津知町1−9 日吉神社 10/2土日(元・15) 地車廃絶 かつては保久良神社の祭礼(5/13,14)に出した。
最盛期には芦屋市内には、多くの地車があった。打出(騒動前は4台)、津知、三条という旧集落に各1台、芦屋村内の5集落(山芦屋、東芦屋、西芦屋、茶屋芦屋、浜芦屋)の5台。
しかし戦災で
津知、西芦屋、茶屋芦屋、浜芦屋の地車が焼失した。
 【あしや秋祭りの見所】
◎土曜
15時頃、津知公園前で三条、精道の2台が練り廻し。
◎日曜
10〜11時は精道小学校北東側道路で5台の地車が練り廻し。18時頃に阪急芦屋川北側の旧・みなと銀行前で三条、山之町、西之町の3台で合同曳行。

 ★展示場     
 【山口町郷土資料館
西宮市山口町上山口2−11−27。рO78−904−3451。旧山口村の財産を管理する財団法人「徳風会」が開設。
入館無料。土日祝日、年末年始はお休み。10時〜16時に開館。第3展示室は祭りのコーナーで毎年1地区ずつ交代で展示。平成21年をベースにすると、下山口⇒名来⇒中野⇒上山口の順。

inserted by FC2 system